top of page

トークンエコノミーアドバイザーとしてSBI VC Trade CTO​の池田 英樹さんに渋谷Web3大学にJoinしていただきました!!



渋谷Web3大学では、Createコースメンバーと、アドバイザー、アドバイザー企業、たくさんの賛同者の皆様と共に、Web3が創り出す未来に向けた挑戦を続けています。


たくさんのWeb3革命家たちが、さまざまな期待が持てるこの経済圏の実現に向けた挑戦をする中で、SBI VC Trade CTO​の池田 英樹さんに、トークンエコノミーアドバイザーとして渋谷Web3大学のJoinしていただきました!


トークンエコノミーアドバイザー

SBI VC Trade CTO

​池田 英樹さん


約15 年間、金融・IT 業界で業務を行い、幅広い金融知識と経験を身につける。その後、Web サービスやコンサルティングを行っていたところ、ブロックチェーン業界に興味をもち、海外プロジェクトの開発に携わる。現在はSBI VC Trade にて執行役員(CTO)を務め、日本の暗号資産市場の普及のために尽力。


以下、YouTubeでのオンライン勉強会にもご出演いただきました。

渋谷Web3大学第11回目オンライン勉強会「SBI VC trade CTOとCROSSVALUE Chain設計者が語るトークンエコノミーを分かりやすく解説」



■渋谷Web3大学 ✖️ ChatGTPで説明するトークンエコノミーとは?

トークンエコノミーは、ブロックチェーン技術を基盤とする新しい経済システムを指します。このシステムでは、トークンがデジタル資産として機能し、さまざまな価値やサービスを表現し、交換されます。


特徴:

分散化: トークンエコノミーは、分散型台帳技術であるブロックチェーン上で運用されます。

トークン化: トークンエコノミーでは、物理的な資産やサービス、権利などがデジタルトークンとして表現され、保管、交換、所有が可能です。

ユーザーセントリック: ユーザーは自身のデジタルトークンを所有し、自由に取引できるため、従来の経済システムよりもユーザーセントリックな特性を持ちます。

インセンティブ: トークンエコノミーでは、トークンを用いてユーザーが特定の行動を取ることに対してインセンティブが与えられる仕組みが構築されます。

デジタルアセットの新たな形態: トークンエコノミーにおいて、新たなデジタルアセットやサービスが創造され、価値が生み出されます。


可能性:

新たな経済生態系の構築: トークンエコノミーにより、従来の経済システムとは異なる新たな経済生態系が構築される可能性があります。これにより、新たなビジネスモデルや経済活動が生まれます。

デジタル資産の多様化: トークンエコノミーにおいて、様々なデジタルトークンが生まれ、資産の多様化が促進されます。これにより、投資の機会が拡大し、リスク分散が可能になります。

ユーザー参加型のサービス: トークンエコノミーでは、ユーザーがトークンを保有することでプラットフォームやサービスに参加し、その成功に貢献することができます。これにより、より多くの人々がプラットフォームの成長に参加できます。

新たなビジネスモデルの創出: トークンエコノミーにおいて、トークンを用いた新たなビジネスモデルが生まれる可能性があります。例えば、DAO(分散自治組織)やDeFi(分散型ファイナンス)などが挙げられます。


トークンエコノミーは、従来の経済システムに比べてより分散化され、透明性が高く、ユーザーセントリックな特性を持つ新たな経済モデルを提供します。これにより、より包括的で公正な経済システムが実現される可能性があります。

--------------------


上記、ChatGTPにも手伝ってもらって、トークンエコノミーについて解説させていただきましたが、ブロックチェーン技術がもたらす世界は、我々自身で新しい技術を使って新しい未来を切り拓いていくべき、まだ見ぬ未来の可能性に満ち溢れています。


渋谷Web3大学は、アドバイザーの皆様のお力も借りて、まだまだ、始まったばかりのブロックチェーン技術が創り出す経済圏の発展に向けて、突き進んで参ります。

閲覧数:139回0件のコメント

Comments


bottom of page